あきらめるのはまだ早い

腰痛

カラダ治し隊隊長の高岸真智子です。

こんにちは~

ひきつづきまして~

渡辺淳一著「あきらめるのはまだ早い」より・・・腰痛annoy

みのもんたさんの手術をされた福井康之医師の対談がありました。

みのもんたさんはヘルニアではなく脊柱管狭窄症だったそうです

これは誤診も多く正確な診察が必要だそうですよ。

お灸は化膿することがあるとか、カイロは関節が脱臼することがあるので要注意だそうです。

へ~ 知らなかったgawk

脊柱管狭窄症は高齢に多く、ヘルニアは20~40代がおおいそうです。

もうひとつ、面白いことが書かれています。

糖尿病患者は腰痛になるケースが多いそうです。

狭窄症患者の多くに糖尿病の合併が見られるそうです。

でもこれは医学的に解明されていないとか。

でも、食生活が同じなら似た病気になるのもうなずけますねcatface

もう一つ、面白いことが書かれています。

いくら治療しても治らない人がいるそうです。

そういう場合精神的理由もあるとか。

つまり、家庭の中で嫁舅問題とか・・・仕事上のストレスとか

これは整形外科では治らないそうですcoldsweats01

スポーツをやる人にも腰痛は多く、特にスポーツ選手のヘルニア。

腰痛予防は、健康管理・肥満防止・適度な運動・禁煙。

禁煙?

ニコチンが椎間板ヘルニアの危険因子であることは明らかです。

と、本には書かれています。

タバコは血流低下しますので、何の病気でも関係すると思いますが・・・

女性は婦人科系の病気で腰痛になることも多いようなので、

このあたりも要注意だそうですよ。

腰痛を手術で治すことは、本当に難しいんですよ。

どれだけ技術が進歩しても

不必要な手術はしないことが大切なのです。

と、福井医師。

さすがですsign03

納得です。

ということは、やたら手術を勧める医師はどうなんでしょ、ね~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不妊治療・不妊症

こんにちは エスコートの高岸です

「あきらめるのはまだ早い」という渡辺淳一著の本を読みました。

最新医学のことが書かれていますsun

その1 「不妊症」

不妊症が増えている理由のひとつは、結婚が遅くなっているからだそうです。

だから、必然的に出産も遅くなるcoldsweats02

さらに、結婚して5年もたてば夫の見る目が変わることも忘れてはいけないpout

だから、最初は夫婦二人で・・・それから子供・・・なんて考えてると

チャンスは薄いようですweep

不妊といえばだいたい女性の問題といわれるようですが

年齢ともに精子の数も減るので男性の問題ももちろんあるそうですbearing

不妊治療は時間(何年も)かかかるそうなので、早く始めないとタイムリミットになるとかwobbly

自然妊娠よりも体外受精のほうが流産しやすいそうです。

わかりやすく言うと、体外受精は成功しにくいということに。

35歳までにはじめたほうがいいとのことでしたflair

うちにも高齢出産で只今子育て中の方が来られますが

おむつかえるのも、腰痛にひびき、走り回る子供についていけない!と

育児が体力的に大変なようですね。

続きを読む "不妊治療・不妊症"

| | コメント (0) | トラックバック (1)